いら丁寧に書いても認められない手書き書類

字が汚い,読めない,特徴,丁寧,宛名書き

会社での仕事内容は、パソコンやタブレットを使うことがメインになってきましたが、それでもまだまだアナログの仕事は沢山あります。

 

逆に、アナログ(手書き)でなくてはいけない場合やお仕事もありますよね。

 

  • お世話になってる方へのお礼の手紙
  • お得意先へ送る書類の宛名書き
  • 配送業差のサインや荷物の宛名書き
  • 毎日発行する領収書の記入
  • 祝儀袋や香典袋

 

簡単にあげましたが、企業のカテゴリで内容は大きく変わってくると思います。
新入社員の内はパソコンも宛がわれなく、簡単な日報などの書類など手書きで行う物をメインとされることもあるでしょう。

 

これらを、いくら丁寧に書いても、汚い字だと書類として無止めてもらうことは難しいです。

 

汚い字の人はいくら丁寧に書いてもキレイな字にはなりません。

 

 

字が汚い,読めない,特徴,丁寧,宛名書き

21日間ペン字上達プログラムを使って、キレイな字を書く為の簡単な3ステップを理解するしか綺麗な字を書けるようにはならないでしょう。

 

21日間ペン字上達プログラムは、ミミズがはった様な字が、たったに21日で、人がうらやましがるような綺麗な字を、無意識に書けるようになるマニュアルなのですからキレイに書けるようになって当り前といえば当り前かもしれません。